【高論卓説】日本のソフトパワー戦略 東京五輪に向け新たな文化芸術創造 (1/2ページ)

 衆院選の方向性が報道された9月中旬、国立劇場の文楽公演の千秋楽だった。東京・永田町の自民党本部から坂道を下ると、入り口は開場を待つ観客であふれていた。

 「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」の演目は、大名の大内家のお家騒動を背景とした、悲恋の物語である。悪だくみをする、医師の人形を遣う桐竹勘十郎(64)は、公演前のインタビューに「2020年の東京オリンピックで、人形遣いとして聖火ランナーを務めるのが大きな目標です。人形と一緒に走りたい。世界中の注目を集めることは間違いなしです」と語っている。

 20年東京五輪の開会式まで3年となって、ほんの2カ月前には都庁前広場で都主催のイベントがあり、議会議事堂の壁面に東京の街並みやスポーツのシーンが映し出された。大会組織委員会も1964年大会の当時ヒットした「東京五輪音頭」の20年バージョンを披露した。東京都知事の小池百合子氏が「希望の党」を立ち上げて、総選挙に臨むことになり五輪ムードに水が差された。

 オリンピック憲章は、スポーツと並んで「文化的ないくつかのイベントを計画し、プログラムを作成しなければならない」としている。また、「文化プログラム」は「人類の文化の普遍性と多様性を象徴するもの」と規定されている。

 桐竹勘十郎はもちろん、聖火ランナーとしてばかりではなく、20年の文化プログラムで文楽を演じることを熱望しているのは間違いない。64年大会では「古美術展」「近代美術展」「芸能部門」「現代美術展」などの分野で繰り広げられた。歌舞伎、雅楽、能楽、古典舞踊・邦楽に加えて、文楽も名を連ね、その演目に「朝顔話」もある。

今、あなたにオススメ
Recommended by