【専欄】中国、ビットコイン規制の行方 マイニング禁止の事態に備える動きも (1/2ページ)

ビットコイン(ブルームバーグ)
ビットコイン(ブルームバーグ)【拡大】

 中国がビットコインの規制に乗り出したが、その影響はどこまで広がるだろうか。とりわけ全世界の3分の2を占めているといわれる「採掘(マイニング)」の閉鎖という事態にでも発展すれば、影響は中国国内だけにとどまらない。

 ビットコインでは、一定期間ごとにすべての取引記録を台帳に追記する。その作業には膨大な計算量が必要となるため、有志のコンピューターリソースを借りて行っている。ゴールドラッシュの金脈を探すような作業に似ていることから「採掘(マイニング)」と呼んでおり、その採掘者をマイナーと言う。

 なんとマイナーのトップ10には中国勢がずらりと並んでいて、ほぼ独壇場となっている。採掘には膨大な電力を必要とするが、中国では電気料金が格安であるからだ。

 マイナーは内モンゴル自治区に集中しているようだ。この一帯は一時期、石炭などの鉱山開発で脚光を浴びたが、ブームが去るとゴーストタウン(鬼城)化していた。ところがマイニングがもうかるという話を聞きつけて参入者が相次ぎ、“採掘場”の勢いを取り戻してきた。

 内モンゴル自治区のオルドス高原北部にある達拉特(ダラト)という街は、そうしたマイナーの一大拠点となっている。あるマイナーの場合、殺風景な7棟ほどの建物に合計2万5000台のコンピューターを置き、世界の20分の1の新たなビットコインを作り出している。ここで働いている作業員はわずか50人ほどしかいない。

早くも店じまいするマイナーも