経産省、北海道に冬の節電要請決定 数値目標はなし

 経済産業省は8日、今冬(12月~来年3月)の電力需給対策などを議論する有識者会議を開き、北海道で数値目標のない節電を要請することを決めた。9月の最大震度7の地震で道内が一時、日本初の全域停電(ブラックアウト)に陥ったことなどを踏まえ、電力需給対策に万全を期す。冬での節電要請は3年ぶり。一方、北海道以外の9エリアでは節電要請を見送る。

 北海道では今冬、最大電力需要が525万キロワットと見積もった。供給力は610万キロワット台を確保し、一定の余裕が見込まれている。

 ただ、北海道は電力の需要規模が小さい上、本州からの電力融通にも制約がある。冬の寒さが厳しく、需給が逼迫(ひっぱく)すれば道民の生命や安全が脅かされかねないことや、実際に9月に全域停電を経験したことを踏まえ、今冬は数値目標のない節電を呼びかける。緊急時の備えとして試運転中で来年2月に運転開始予定の石狩湾新港火力1号機の活用前倒しなどを求める。