コロナ病床確保など要望 都、国の来年度予算に

    小池百合子知事ら東京都の幹部が、自民党都連所属の国会議員や都議らに対し、国の令和4年度予算への提案や要望を伝える会合が23日、都内であった。

    会合後、報道陣の取材に応じる小池百合子知事=23日午後2時3分、千代田区(大森貴弘撮影)
    会合後、報道陣の取材に応じる小池百合子知事=23日午後2時3分、千代田区(大森貴弘撮影)

    鴨下一郎都連会長が「都民が安心して暮らせる東京を作るため、建設的な意見を頂きたい」とあいさつ。都からは、新型コロナウイルス対策として病床確保やワクチン接種の促進への支援、防災のためのインフラ整備などについて要望したという。

    会合終了後、小池氏は「現在の都のコロナ情勢は厳しいが、それだけでなく東京五輪・パラリンピック後の東京の発展について、街づくりなど多角的に国と連携する必要があるので情報共有した」と述べた。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)