• 日経平均28333.52209.24
  • ドル円114.60114.61

「無料お試しの90%が解約されない」年末に絶対やったほうがいい“サブスクの大掃除”

PRESIDENT Online

年末は、家計の支出が適切かどうかをチェックするいいタイミングだ。ファイナンシャルプランナーの藤川太さんは「ある業者によれば、サブスクの“無料お試し”の約90%が解約されないそうです。契約を続けるか解除するか年末年始に見極めるといい。スマホの料金プランも2~3年に1度は見直しをすることをおすすめします」という--。

出典=『プレジデントFamily』2021年秋号
出典=『プレジデントFamily』2021年秋号

※本稿は、『プレジデントFamily』2021年秋号・冬号の一部を再編集したものです。サービスの料金・試算は、取材当時のものです。

■「“万単位”のおトクになる」スマホは2年ごとに乗り換えるべし

「ウィズコロナの節約術」というテーマで、講演依頼をいただくことが増えてきました。実を言うと、コロナ禍の前と後で日本の平均的な家計の姿は激変しています。2000~19年までの家計調査の結果と20年の家計調査の結果を比較してみると、明らかな変化を見て取ることができるのです。

たとえば、交際費や被服費は約2割も減少しています。コロナ禍によって外出機会が激減したことが背景にあるのは、容易に想像がつくと思います。

興味深いのが通信費。人との接触機会が減った分、SNSの利用や動画を閲覧する機会は増えたはずですが、これまで増加傾向だった通信費が3.5%減っているのです。

自宅のWi-Fiを使っているから、というのも理由のひとつでしょうが、リモートワークで生じた余剰時間を利用して格安SIMへの乗り換えやプランの見直しを行った人が多かったことが、要因ではないかと私はにらんでいます。

大手通信会社の回線を借用することで格安な通信ができるSIMカードは、すでにたくさんの会社が発行しており、現在使っているスマホのSIMカードと差し替えるだけで、利用料金を大幅に引き下げることができます。

さらにここ最近大手の通信会社が格安プランサービスを開始しました。

たとえば、この2021年3月にドコモが「新プラン」と銘打って販売を始めたahamoの場合、月額利用料が2970円の1プランしかありません(データ通信量の上限は月に20GB)。

20GBあれば長時間動画を見る人でなければ十分ですし、5分以内の国内通話は無料です。5分を超えると30秒ごとに22円の通話料がかかりますが、かけ放題のオプション(1100円)をつけても総額で4070円。大手通信会社の利用料が6000~9000円程度であることを考えれば、半額以下に利用料を圧縮できるのです。

既存の格安SIMでも新プランを出したり、料金改定を出したりしています。動画や音楽の配信サービスを多用する人向けにおすすめなのはBIGLOBEモバイルの「エンタメフリー」(月額308円)というオプションサービス。指定のサービス(YouTube、Spotifyなど)ならば、いくら視聴してもデータ通信量が消費されません。

格安SIMにはさまざまなタイプがありますが、価格.comなどの比較サイトに自身の利用状況に合わせて条件を入力すれば、どのプランが自分に合うのか、簡単に知ることができます。

続々と新しい料金プランが出てきますし、個人のスマホの利用状況も変わってきますので、2~3年に1度は見直しをして、最も安いプランに切り替えることをおすすめします。切り替えのハードルになるのは、手続きがかなり面倒だということ。大手通信会社の格安プランは、インターネットからの申し込みが基本です。


Recommend

Biz Plus