• 日経平均26563.03131.48
  • ドル円144.45144.48

那覇沖で8人乗り漁船火災 740キロ、救命いかだ発見

21日午前7時10分ごろ、那覇市の南東約740キロの太平洋上で、マグロ漁船「第28克丸」(約20トン)から「船が燃えており船体を放棄する」との連絡が関係者にあった。第11管区海上保安本部(那覇)によると、漁船は那覇市の伊良部鮪船主組合所属で8人が乗船。11管の航空機が同10時55分ごろ、付近海域で救命いかだを発見した。けが人の有無など詳しい状況は分かっていない。

那覇市の沖合で見つかった救命いかだ=21日午前(第11管区海上保安本部提供)
那覇市の沖合で見つかった救命いかだ=21日午前(第11管区海上保安本部提供)

11管によると、8人は日本人船長とインドネシア人の乗組員7人。救命いかだから1人が手を振っているのも確認されたといい、状況を調べている。

同船主組合によると、第28克丸は昨年12月24日に那覇市の泊漁港を出港し、操業を終え次第、戻る予定だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)