• 日経平均26698.70-49.44
  • ドル円126.88126.91

【フォト特集】「この狂った世界に言いたい」  病院にも攻撃、嘆く遺族

ミサイルで攻撃され火を噴く警察庁舎、崩れ落ちた橋、車の横に倒れ血を流す遺体―。「この狂った世界に言いたい。殺し合いはもう十分だ」。20代の息子を失った父親は声を震わせた。ロシア軍によるウクライナ侵攻から3日で1週間となり、攻撃は住宅地や病院も襲う。

1日、ウクライナ東部マリウポリにある産婦人科病院の地下。医療従事者が出産にかかり、シェルターとしても使われている(AP=共同)
1日、ウクライナ東部マリウポリにある産婦人科病院の地下。医療従事者が出産にかかり、シェルターとしても使われている(AP=共同)

現地からの報道などによると、ロシア軍が包囲した東部マリウポリでは住宅地や病院、学校周辺も被弾。産婦人科病院には緊急の治療先として負傷者が運び込まれた。インフラ施設も激しい空爆を受け、停電や断水が発生。市長は「ロシア軍は、市民の逃げ道を封じるあらゆる手段を取っている」と糾弾した。(共同)

「家に帰れ」「私たちは丸腰だ」。ロシア軍に掌握された南部メリトポリで、ロシア軍が占拠した治安当局の建物付近で抗議デモをした市民が叫んだ。近くにいたロシア軍兵士は空に向けて発砲し、非武装の市民を威嚇した。

ウクライナ東部ハリコフの治安当局施設近くに落ちたロケット弾の破片=2日(AP=共同)
ウクライナ東部ハリコフの治安当局施設近くに落ちたロケット弾の破片=2日(AP=共同)

Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)