• 日経平均26720.2042.40
  • ドル円127.39127.44

がん分子標的薬の開発、iPS創薬で大幅迅速化へ 東大

がん細胞特有の分子を標的として狙い撃ちする新たな分子標的薬を、がん細胞が人工多能性幹細胞(iPS細胞)にならない仕組みを利用して迅速に探し出す新たな創薬方法を開発したと、東京大の山田泰広教授らの研究チームが27日、米専門誌で発表した。がん以外の細胞は攻撃しないため副作用が少ない分子標的薬は、開発に長い時間と手間がかかっていたが、大幅に効率化できるとしている。

多様な組織の細胞に変化できるiPS細胞は、体の細胞に特殊な遺伝子を導入し、受精卵のような状態に戻す初期化という操作をして作製する。通常、がん細胞を初期化しiPS細胞にすることはできないが、理由は不明だった。

研究チームは、明細胞肉腫という難治性がんのマウスの細胞を、がん発症に関わる遺伝子が働かないよう操作。その上でがん細胞を初期化したところ、iPS細胞の作製に成功した。

詳しく調べると、操作した遺伝子にはがん細胞の性質を維持する、がん特有の分子を作る働きがあると判明。分子が初期化のため導入した遺伝子を取り込んで働かなくさせ、iPS細胞化を阻害している仕組みがあることが分かった。

あらゆるがんに共通の仕組みとみられ、既に実用化している他のがんが対象の複数の分子標的薬でも、投与したがん細胞は初期化するとiPS細胞化が進むことを確認できたという。

仕組みを利用し、がん特有の分子を抑制できそうな多様な薬剤を投与しながらがん細胞を初期化すれば、iPS細胞化が進んだ薬剤が治療薬候補となる。がんは種類ごとに、発症に関わる遺伝子もがんの性質を維持する分子も異なるが、それらを解明しなくても使える点が大きな長所だ。

分子標的薬は、がん細胞のゲノム(全遺伝情報)にある数百を超える遺伝子変異のがんとの関わりや、生成する分子を調べる必要があり、開発に非常に長い期間と手間がかかったが効率化できる可能性がある。

山田教授は「がんの分子標的薬開発が迅速化し、飛躍的に進展するのではないか」と話している。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)