映画界に共助の仕組みを 是枝監督らが団体設立

    映画界でハラスメント被害の告発が相次ぐ中、是枝(これえだ)裕和さんら映画監督有志7人が14日、東京の日本外国特派員協会で記者会見を開き、フランスの「国立映画映像センター(CNC)」などを念頭に、業界の労働環境改善に向けた共助システムの構築を目指す団体「日本版CNC設立を求める会」を設立したと発表した。

    日本版CNCについて記者会見した(左から)内山拓也監督、岨手由貴子監督、諏訪敦彦監督、是枝裕和監督、舩橋淳監督、西川美和監督、深田晃司監督=14日午後、東京都千代田区
    日本版CNCについて記者会見した(左から)内山拓也監督、岨手由貴子監督、諏訪敦彦監督、是枝裕和監督、舩橋淳監督、西川美和監督、深田晃司監督=14日午後、東京都千代田区

    フランスにはCNC、韓国には「韓国映画振興委員会(KOFIC)」という映画専門の支援機関があり、映画の興行収入や放送・配信事業者の収入の一部を徴収してさまざまな支援を行っている。

    日本版CNC設立を求める会は、同様の専門機関と支援基金の設立を目指し、関係省庁や業界団体への働きかけを行っていく。是枝監督は「将来的に働く環境として少しでも改善されていけば。業界が一枚岩になって共助のシステムを作り、それから公的なものとの連携に向かうべきだと思っている」と話した。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)