• 日経平均00
  • ドル円133.47133.55

鉱工業生産7・2%低下 5月、2カ月連続マイナス 基調判断「弱含み」

経済産業省が30日発表した5月の鉱工業生産指数速報(平成27年=100、季節調整済み)は前月比7・2%低下の88・3となった。マイナスは2カ月連続。基調判断は「足踏みをしている」から「弱含み」に下方修正した。

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

5月の指数は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた令和2年8月と同水準の低さだった。前月からの低下幅は2年5月以来の大きさだった。中国・上海で新型コロナ対策として実施されたロックダウン(都市封鎖)の影響で物流の停滞が続き、自動車などの生産が落ち込んだ。

業種別では、全15業種のうち自動車工業や電気・情報通信機械工業など13業種が低下した。無機・有機化学工業と石油・石炭製品工業の2業種は上昇した。

生産の先行きについて6月は12・0%の上昇、7月は2・5%の上昇を見込んだ。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)