「ものづくり大国」今後は大丈夫か? 内職に頼る不安 (1/4ページ)

2013.4.29 09:45

【ビジネスアイコラム】

 円高修正によって、自動車メーカーの業績が急速に好転している。1ドル=100円前後の水準が続けば、2014年3月期に最高益を更新する企業が増えそうだ。

 08年秋のリーマン・ショックによる需要激減以来、自動車メーカー各社は徹底的に原価を削ってきた。その過程で、下請けには相当な負担がかかった。

 大企業である一次下請けクラスは何とかなる。値引きはたしかにきついが、自動車メーカーのグローバル展開によって数量が増えるなら、結果オーライだ。問題は、独力で海外に出られない二次下請け以下の企業である。

 もちろん下請けも、自分の仕入れ先に負担を転嫁することを考える。だが、発注元から材料を支給されていたりして、それができない会社もある。そういう場合、真っ先に人件費を削ることになる。

人を雇えば最低賃金などの縛りがあるが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!