【底流】自販機戦争突入 増える「エナジードリンク」販売のナゼ (2/4ページ)

2013.8.24 12:00

一般競争入札で設置された自動販売機が思わぬ歳入をもたらした=中野区役所2階

一般競争入札で設置された自動販売機が思わぬ歳入をもたらした=中野区役所2階【拡大】

 キリンだけではない。ライバルのアサヒ飲料も平成24年5月、米飲料メーカーのモンスタービバレッジからモンスターブランドの日本での独占販売権を取得。今年7月7日から、「モンスターエナジー」の自販機販売を始めたばかりだ。糖質とカロリーをゼロに抑えた新商品も自販機販売に合わせて投入。「自販機販売により、オフィスなどでの販売増も見込める」(松橋裕介マーケティング本部課長)と期待する。

 日本コカ・コーラも「バーン」ブランドをリニューアルし、3月から自販機で販売している。6月には新味の「リフレッシュエナジー」を追加。サントリー食品インターナショナルは、米スターバックスと組んで開発した「スターバックス リフレッシャーズ」の自販機販売を検討している。

 高単価のメリット

 各社がエナジードリンクを自販機販売に投入する背景の一つには、同ジャンルの高い需要がある。

自販機内の価格がばらつき、柔軟な価格設定がしやすいという

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!