【底流】自販機戦争突入 増える「エナジードリンク」販売のナゼ (3/4ページ)

2013.8.24 12:00

一般競争入札で設置された自動販売機が思わぬ歳入をもたらした=中野区役所2階

一般競争入札で設置された自動販売機が思わぬ歳入をもたらした=中野区役所2階【拡大】

 調査会社の富士経済によると、24年の国内販売額は前年比2・2倍の267億円で、今年は1・5倍の392億円を見込む。「オロナミンC」(大塚製薬)などの「栄養ドリンク」は、購買客の年齢が比較的高めなのに対し、エナジードリンクは若年層にも人気で、自販機の新規需要開拓が見込める。

 さらに、他の清涼飲料より50円以上高い価格も、隠れたメリットを生み出す。定価販売が一般的な自販機は粗利率が高い反面、商品価格がほぼ横並びのため、値上げをすると目立ちやすいのが泣き所だった。だが、エナジードリンクという高単価商品を品ぞろえに加えれば、自販機内の価格がばらつき、柔軟な価格設定がしやすいという。

 消費増税の苦い体験

 一方、飲料業界には消費税増税をめぐる苦い体験がある。3%の消費税が導入された元年には缶飲料価格を100円から110円に、9年の税率5%への引き上げ時には120円にそれぞれ転嫁したが、安売りに踏み切ったスーパーに消費者を奪われた。自販機の売上高は11年の2兆4357億円をピークに減少傾向が続く。

消費者の「自販機離れ」が再び起きるのではという懸念

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!