脅迫状、上場廃止…老舗和菓子「駿河屋」破産までの波乱万丈 (5/5ページ)

2014.6.29 08:09

白いカーテンがかかった駿河町本舗には「お知らせ」の紙が貼られていた=和歌山市駿河町

白いカーテンがかかった駿河町本舗には「お知らせ」の紙が貼られていた=和歌山市駿河町【拡大】

  • 駿河屋本舗に掲示された「お知らせ」=和歌山市駿河町
  • 往時の駿河屋が描かれた紀伊国名所図会(和歌山県立図書館所蔵)

 江戸時代の数少ない女性の日記として残る、和歌山城下で暮らした女傑、川合小梅の「小梅日記」などにも頻繁に登場し、贈答品として親しまれたことがうかがえる。駿河屋の和菓子は紀州人にとっては誇り高き菓子であり続けたのだ。

 「歴史や文化の面での重要性を訴え、『何とか残そう』と市民が運動を起こせば、支援を考えるスポンサーもあるかも」とかすかな期待を込める木下事務局長。製造設備や製造技術が残っているうちならば、あるいは駿河屋の和菓子を再び楽しむことができる日が来るかもしれない。ただ、そうでなければ、駿河屋の味は、過去の遺物として永遠に歴史のなかに埋もれてしまうだろう。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。