LCCピーチ、28年度の搭乗者数600万人 3年で倍増の目標 (1/2ページ)

2014.8.21 11:48

ピーチ・アビエーションの井上慎一・代表取締役CEO=20日午後、大阪府泉佐野市(村本聡撮影)

ピーチ・アビエーションの井上慎一・代表取締役CEO=20日午後、大阪府泉佐野市(村本聡撮影)【拡大】

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは20日、国内発着のピーチ便の年間搭乗者数を平成28年度に600万人とする目標を明らかにした。25年度は約300万人の実績があり、3年間で倍増させる計画。訪日外国人が今度も増えるとみており、旅行需要にあわせて新規路線を開拓していく方針だ。

 同社の井上慎一最高経営責任者(CEO)が、産経新聞のインタビューで明らかにした。

 ピーチは24年3月に関西国際空港-札幌、関空-福岡線を就航後、路線網を拡大。現在は国内、国際線で計16路線を運航している。

 就航3年目となる25年度は、国内LCCで初の最終黒字を達成。今年7月には、那覇空港を関空に次ぐ第2拠点とし、観光客の取り込みに力を入れている。

井上氏は「増便や路線拡大で着実に利用者は増えてきた」と強調。「2020年の東京五輪を控え、平成28年度に年間600万人を目指す。25年度は300万人だったので、3年で倍にする」と述べた。

元自衛隊員らを採用して不足を補う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。