外食大手「ちょい飲み」拡大 消費者の習慣に変化…夕方の需要掘り起こし (2/4ページ)

2014.9.6 06:12

 吉野家は全国約1200店のうち50店ほどが2フロアの構造だが、「客足の減る夕方以降は多くの店で2階を閉じ、遊ばせている状態だった」と河村泰貴社長は説明する。その有効活用策として、同店の調理スペースを改装、昨年7月から実験的に居酒屋営業を行ってきた。

 食材は、持ち帰りすし「京樽」やステーキ店「どん」など、吉野家グループ各チェーンとの共同調達で原価を抑えた。吉呑みの客単価も、牛丼店の数倍に上る1500円を確保するなど好調だ。

 吉野家は、今年6月から吉呑みを本格的に展開しており、現在、西五反田(品川区)や十三(大阪市淀川区)など10店舗ある。来年度までに駅前立地店を中心に30店で導入する。

 アルコールメニューを充実させる動きは、他業態の外食チェーンでも相次いでいる。すかいらーくは、7月から主力のファミレス「ガスト」全店で生ビール(449円、税別)を2杯目以降、50円割り引くサービスを始め、同月の酒類売上高を前年比32%伸ばした。中華レストラン「バーミヤン」では、焼酎のボトルキープにも応じている。

KFCは“大人ケンタッキー”を展開予定

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。