任天堂の“重課金”転換に懸念の声 「いくらなんでもこれはひどい…」 (2/6ページ)

2015.5.23 17:18

スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(左)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区

スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(左)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区【拡大】

  • スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(右)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区

 さらに3本目のストーリーのネット配信も予定しているという。価格はソフトがそれぞれ1本5076円、ネット配信がそれぞれ2千円で、すべてのストーリーを遊ぶためには最低でも9076円が必要な計算になる。これは、5千円以下のソフトが多い3DS向けとしては高額だ。

 すべてのストーリーをセットにした上で特製アートブックなどの特典がついた限定版(9990円)も発売される。こちらは予約だけで予定の数量を上回り、発売前にもかかわらずネットオークションで高値で取引されている。

 こういった追加のストーリーなどをネットで有料配信する手法は「ダウンロードコンテンツ」と呼ばれ、現在では多くのゲームで普通に行われている。

 任天堂もこの流れに沿ったものといえるが、子供に人気の高い任天堂だけに反響は大きく、課金ビジネスへの転換と見る向きも多い。

スマホ向けゲームの世界はさらに課金が徹底している

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。