任天堂の“重課金”転換に懸念の声 「いくらなんでもこれはひどい…」 (3/6ページ)

2015.5.23 17:18

スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(左)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区

スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(左)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区【拡大】

  • スマートフォン参入に向け資本業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(右)とディー・エヌ・エーの守安功社長=3月17日、東京都港区

 おもしろさより課金?

 任天堂が参入するスマホ向けゲームの世界はさらに課金が徹底している。

 ゲームの購入自体は通常は無料で、ある程度までならそのまま遊ぶことができる。ただ、ストーリーを先に進めたり、有利な条件で遊んだりするためには課金が必要になる。

 1回の課金は数百円程度の場合がほとんどだが、ランダム要素が強く、プレイヤーのほしいアイテムを手に入れたりするには何度も課金しないといけない。

 さらに稀少なアイテムを入手するには特定のアイテムを複数集める必要がある「コンプリートガチャ」と呼ばれるシステムが課金を促進し、「気がつくと数十万円課金していた」というケースも珍しくなかった。コンプリートガチャについては社会問題化したため景品表示法に抵触する可能性があるとして消費者庁から見直しを求められ、メーカー側の自主規制もあり、ある程度は沈静化している。

 ただ、スマホ向けゲームが課金に頼っている状況には変化はない。ゲーム本来のおもしろさよりプレイヤーを課金させるための仕掛け作りが重視されており、従来のテレビゲームよりもパチンコやパチスロに立ち位置が近いとも言われている。

もっとも、電車などで時間つぶしに遊んでいる人のほととどが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。