“捨てられない経営”シャープで人心離れ加速 「なぜ社長はやめない」 (2/5ページ)

2015.5.31 17:14

新しい中期経営計画を発表し、記者の質問に応じるシャープの高橋興三社長(手前)=東京都港区(栗橋隆悦撮影)

新しい中期経営計画を発表し、記者の質問に応じるシャープの高橋興三社長(手前)=東京都港区(栗橋隆悦撮影)【拡大】

  • シャープの入社式で、こぶしを上げる新入社員=大阪市阿倍野区のシャープ本社(竹川禎一郎撮影)

 「液晶事業の分社化」はシャープ再建に向けた最大の目玉だった。市場変動が大きく変り、浮き沈みの激しい経営の“不整脈”でもある液晶事業を本体から切り離し、外部の資本を取り込み、資金調達をしやすくした上で競争力を高める。

 シャープの発言権は弱まるが財務状況からすれば不可避なシナリオだった。4月末、シャープの主力取引銀行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行も「液晶事業の分社化」を前提に、2000億円の資本支援で合意していた。

 当然、会見では分社化への質問が相次いだ。しかし高橋社長は「液晶を無くしたら、中期経営計画(の業績)が成り立たない。社外分社の考えは全くない」と完全否定した。

 当の液晶部門は、分社化が報道された直後こそ衝撃が大きかったが、“活路”として前向きにとらえる動きがあったが、肩すかしをくらった格好だ。

確かに出資先も決まっていないなか、経営トップが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。