“捨てられない経営”シャープで人心離れ加速 「なぜ社長はやめない」 (4/5ページ)

2015.5.31 17:14

新しい中期経営計画を発表し、記者の質問に応じるシャープの高橋興三社長(手前)=東京都港区(栗橋隆悦撮影)

新しい中期経営計画を発表し、記者の質問に応じるシャープの高橋興三社長(手前)=東京都港区(栗橋隆悦撮影)【拡大】

  • シャープの入社式で、こぶしを上げる新入社員=大阪市阿倍野区のシャープ本社(竹川禎一郎撮影)

 会見で「経営が間違っていなくてこうなるはずがない」と責任を認めた高橋社長は留任。ナンバー2、3の水嶋繁光、大西徹夫の両副社長は代表権を返上するとはいえ経営陣に残留。それぞれ会長、副社長として引き続き経営に関与するのだ。

 国内で3500人規模の希望退職を募り、世界で5万人いる全社員の1割を削減するリストラ策を打ち出したにもかかわらず、トップ3が経営陣に残ることに「釈然としない」と違和感を抱く社員は少なくない。

 一方、部品を担当し、液晶事業を統括していた方志教和専務と製品を担当し、テレビなどを手掛けていた中山藤一専務は更迭され、顧問に退く。

 確かに、方志専務は液晶事業を取り巻く環境の変化を迅速に読み切れず、ライバルによる得意先の切り崩しに見舞われた。中山専務は、赤字体質がしみついたテレビや太陽電池などの事業を建て直せなかった責任がある。ただ、事業を掌握すべき経営のトップ3が残ったことで、社内には「事業部に経営責任を押しつけた」と受け取る向きもあるという。

実は、シャープ本社2階に経営幹部が集まる「大部屋」がある

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。