全スマホを「IPv6」接続可能に 総務省、携帯事業者3社に要請へ (1/2ページ)

2015.11.11 06:30

スマートフォン「iPhone6sプラス」

スマートフォン「iPhone6sプラス」【拡大】

 総務省は10日までに、NTTドコモなど携帯電話事業者3社に対し、2017年度から全てのスマートフォンでIPアドレスの新規格で、ほぼ無限にアドレスを割り振れる「IPv6」でネット接続できるよう求める方針を固めた。米アップルは既にIPv6を前提としたサービス提供を進めており、携帯事業者が未対応だと、日本のiPhone(アイフォーン)利用者に不都合が生じる可能性もある。また、政府が力を入れる、あらゆるものがネットにつながる「IoT」時代には、携帯回線のIPアドレスが爆発的に増える可能性もあり、総務省はIPv6対応を急がせる考えだ。

 従来のIPv4は実際に使えるアドレスが約40億個で、既に枯渇している。ただ新規格のIPv6への移行は、端末機器、ネットワーク、サービスのそれぞれで対応が必要となる。対応には「数百億円が必要」(携帯事業者)との見方もある。

 米国では大手携帯事業者のベライゾンで既に利用率が7割を超えた。アップルは最新の基本ソフト(OS)でIPv6対応を必須としており、従来のIPv4経由で利用すると一部アプリで反応速度が遅くなる場合もあるという。

日本では、固定回線のインターネットでは昨年末で大手プロバイダーの9割が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。