全スマホを「IPv6」接続可能に 総務省、携帯事業者3社に要請へ (2/2ページ)

2015.11.11 06:30

スマートフォン「iPhone6sプラス」

スマートフォン「iPhone6sプラス」【拡大】

 日本では、固定回線のインターネットでは昨年末で大手プロバイダーの9割がサービスを提供するなど対応が進む。しかし、大手携帯事業者は、固定のプロバイダーに比べて多くの利用者を抱え、設備投資やセキュリティー対策などでコストや手間がかかるため未対応。限られたアドレスの在庫を効率的に運用することなどで、IPv4でのサービスを継続している。

 ただ、携帯事業者もIoTなど新産業創出に向けて、IPv6対応の必要性を認識しており、総務省の要請を受け入れる。

 総務省は今月まとめるIPv6の高度利用に関する研究会の報告書案で「国際競争力確保の観点から、IPv6対応の見直しが必要」と強調した上で、「2017年度から販売するスマホ利用者が、意識せずに標準でIPv6を利用している状況を実現すべきだ」と明記する。意見公募を経て、年明けにも報告書を公表する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。