凋落セダン、復権へ巻き返し SUV人気のあおりで販売減 派生モデルに懸ける (2/3ページ)

2017.5.10 06:13

レクサスがニューヨーク国際自動車ショーで世界初公開した旗艦セダン「LS500」のスポーツ仕様車=4月12日、米ニューヨーク(会田聡撮影)
レクサスがニューヨーク国際自動車ショーで世界初公開した旗艦セダン「LS500」のスポーツ仕様車=4月12日、米ニューヨーク(会田聡撮影)【拡大】

 SUVブームを受け、競合メーカーからも新車投入が相次いでいる。トヨタは昨年12月に新型SUV「C-HR」を発売。斬新なデザインに加えハイブリッド車(HV)は1リットル当たり30.2キロの低燃費を実現し、発売約1カ月で月販目標の8倍の約4万8000台を受注した。マツダが2月に刷新した主力SUV「CX-5」も発売約1カ月で1万6639台と、目標の約7倍を受注している。

 SUVの勢いは大型車が主流の米国ではより鮮明だ。米調査会社オートデータによると、2017年1~3月の米新車販売で、SUVなど「ライトトラック」が前年同期比5.9%増の249万1150台と伸びた。

 その陰であおりを食っているのがセダン市場だ。セダンなど乗用車は11.5%減の154万1895台。市場全体でもセダンの不振が響き、1.5%減の403万3045台に落ち込んだ。

旗艦セダン「LS500」のスポーツ仕様車を世界初公開

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。