出版不況なのに80万部売れる「コロコロコミック」 男子が読まなくなるきっかけは… (5/6ページ)

 また、オモチャメーカーさんやゲームメーカーさんなどと一緒に企画を考えることもあります。「こういうオモチャはどうか」「その場合、こういう漫画でいきましょ」といった会話があって、話が進むことも。その際、先ほどもお話ししたとおり、自分が子どものころこういったものが流行っていたなあと考える。そして、それにいまのテクノロジーを加えれば、こうした企画ができるかもしれない、といったことを考えなければいけません。

 ネタのヒントは必ずどこかにあります。そのネタは時代をちょっとだけリードしていればいいんですよね。ただ、ヒット作品は狙って打てるものではありません。10打席立って、1本打てればいい。2本打てた編集者はかなり優秀……といった世界ですね。

コロコロコミック編集部が入っている小学館本社ビル

コロコロコミック編集部が入っている小学館本社ビル

『コロコロ』を卒業する男子の心

土肥: 『コロコロ』を読んでいるのは、小学4~6年生の男の子が多いですよね。どこかのタイミングで雑誌を“卒業”するわけですが、それがいつなのかがよく分からないんです。この取材前に、周囲の人に聞いたところ「遠い昔のことだからよく覚えていないなあ」「そんなこと考えたこともない」「あれ? いつの間にか『ジャンプ』を読んでいた」といった声ばかり。男の子の間で「もう『コロコロ』は読まない」といったタイミングに、何らかの傾向はあるのでしょうか?

出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ

出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ

和田: あります。先ほどもご紹介したとおり、男の子はうんこやちんちんを楽しんでいる。なぜ楽しめるかというと、思春期に突入していないから。つまり、自我に目覚める前の段階で雑誌を読んでいる。ただ、大人びた男の子は、恋愛やオシャレ、音楽などに興味を示し始めます。例えば、女の子に興味をもつと、『コロコロ』に掲載されている漫画を幼稚に感じるんですよね。

 前月まで何度も繰り返して読んでいたはずなのに、今月は手にも取らない。昨日まで雑誌の中で夢を見ていたのに、急に目覚めてしまうような感覚ではないでしょうか。

ある日、突然『コロコロ』を読むのが恥ずかしくなる…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。