中国に盗まれる日本の地名 和歌山知事が激怒「とんでもない国」 (5/7ページ)

2012.12.1 08:25

紀州へら竿を手に取る田中和仁・紀州製竿組合長。中国企業の「紀州」商標出願を懸念している=和歌山県橋本市

紀州へら竿を手に取る田中和仁・紀州製竿組合長。中国企業の「紀州」商標出願を懸念している=和歌山県橋本市【拡大】

  • 中国系企業による「紀州」商標出願に和歌山県が異議申し立て。紀州へら竿のパンフレット(右)と、中国で出願された「紀州」の文字(左)。酷似している

 田中組合長によると、紀州へら竿の顧客は関西よりもヘラブナ釣り文化が盛んとされる関東地方や中部地方などに多い。中国との取引は「微々たるもの」だという。田中組合長は「愛好家にとって紀州へら竿は『あこがれの的』ということを中国側は知っていた。その点を狙われたんだと思います」と説明する。

 今回の問題について、田中組合長は危惧していることがある。

 「商標出願されたのは『紀州』という地名部分の文字だけだが、よく考えるとへら竿だけじゃなく、カーボン製の竿など色々な竿にこの商標が使われるのではないか」

 商標出願した会社が釣り具を扱っているとみられるだけに可能性のある話だ。釣り竿はもちろん針をはじめ、釣りに関するさまざまな品物まで問題は波及するかもしれない…。

 「そうなると、決して紀州へら竿だけの問題ではなくなると思う」

 田中組合長は語気を強める。

 待つだけではだめだ

 中国や台湾での商標検索や法的対応措置に関するマニュアルを作るなど、一連の問題対策に取り組む特許庁国際課によると、中国での商標出願をめぐる問題は以前から起きている。

名刺にデザインされた会社のロゴが、知らない間に商標出願された

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!