「狙いは技術」日本人は“使い捨て” 韓国企業、危うい引き抜きの実態 (2/5ページ)

2014.3.27 20:35

 技術者側にも数年で大金を稼ぐ狙いがあり、使い捨てを了解している場合が多く、両者の利害が一致しているという。

 関係者は「最新技術といっても2、3年たてば、役に立たなくなるといわれる。企業側には必要な技術者をその期間だけ雇い、技術を吸収しては次の技術者に乗り換えるといった側面がある」と打ち明ける。

 「NAND型」とは?

 研究データが流出した「NAND型」フラッシュメモリーは、スマートフォン(高機能携帯電話)などの記録装置として市場規模を拡大しており、日本企業は韓国や米国勢と激しい競争を繰り広げている。

 NAND型は昭和62年に東芝が開発。電源を切ってもデータが消えず、データの消去や書き込みを一括してできる。ハードディスクなどの他の記録媒体に比べて小型で軽いのが特徴で、近年需要が高まっている。

日本企業からの技術流出が顕在化したのは、20年以上前にさかのぼる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。