「子供でもウイルス作れる状態」 サイバー攻撃への危機意識、対策に格差 (1/5ページ)

2015.7.4 17:13

神戸デジタル・ラボがサービス展開している、訓練用の標的型メールの作業画面(同社提供)

神戸デジタル・ラボがサービス展開している、訓練用の標的型メールの作業画面(同社提供)【拡大】

  • 衆院厚生労働委員会で、謝罪する日本年金機構の水島藤一郎理事長。同様の被害がいつ発生してもおかしくない状況だ=国会(酒巻俊介撮影)

 日本年金機構から個人情報約125万件が流出した事件を受け、パソコンの情報を盗み出すウイルスが仕込まれた「標的型メール」の危険性が改めてクローズアップされている。東京商工会議所も個人情報約1万2千件が流出した恐れがあることも判明した。企業や団体、自治体を対象に標的型メール攻撃の抜き打ち訓練を提供するサービスも登場するが、同様の被害がいつ発生しても不思議ではないのが実情だ。危機意識の低いままだと真っ先に狙われることになりそうだ。

 無防備

 「下手をすれば子供でも情報を盗むウイルスを作れる状態。このサイバー犯罪に無防備な危険な環境で、いつ攻撃を仕掛けられてもおかしくはない」

 ネットセキュリティーの専門家は、こう警戒を呼びかける。

 事実、標的型メールのサイバー攻撃は近年急増している。

 年金機構に続き東京商工会議所も6月10日、事務職員が使用しているパソコンが、標的型メールを開封してウイルス感染していたと発表した。1万2139人分の個人情報が流出した恐れがあるとしている。

独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)によると…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。