【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(19)同業者の「売ってくれ」に戸惑い (1/2ページ)

昭和51年当時、高知市内で行なわれたサイレントパイラーによる工事。家の軒(右)のすぐ前で行なわれたが苦情はなかった
昭和51年当時、高知市内で行なわれたサイレントパイラーによる工事。家の軒(右)のすぐ前で行なわれたが苦情はなかった【拡大】

 技研製作所(当時高知技研コンサルタント)社長の北村精(あき)男(お)と、「高知のエジソン」こと垣内保夫の2人が開発した無振動・無騒音の杭(くい)打ち機「サイレントパイラー」が現場デビューしたのは昭和51年7月、高知市内の上下水道管敷設工事だった。

 当時の様子を、新聞はこう伝えている。デビューに先駆けて行った試運転について、建設業界紙(建設日本)は「画期的な無振動・無騒音施工」(昭和51年6月18日付)の見出しで報じ、現場を取材した地元紙(高知新聞)は「これは静か!」(同8月5日付)と大きな見出しをとり、驚きを隠さなかった。

 さらに「近所の主婦も『静かねえ』と感心している」とも。北村にとっては、かつて社員が、従来型の杭打ち機が生み出す振動と騒音のため、棒を持った住民に追い回された記憶が嘘のような反応であった。

■   ■

 杭打ち工事をめぐる当時の状況を、業界紙は「近年、建設工事に伴う振動、騒音問題がかなり厳しい水準で法律的に規制されるようになった。(中略)地域住民の生活環境の保全に配慮しながら、工事のスピード化を図らねばならないという事態に追い込まれ、各施工業者とも、優秀な無公害工法の開発を切望している」と書いている。それだけに、無公害のサイレントパイラーの登場は「画期的」だった。

 デビューから約2カ月後、サイレントパイラーに対する同業者などの反響は大きく、「公害反対の住民パワーに悩む大都市(の建設業者ら)からの問い合わせが相次いでいる」(地元紙)状況となった。

続きを読む