迷って一歩が踏み出せない…「キャリア」とは何か?【前編】 (1/3ページ)

2012.12.6 08:30

「キャリア」という言葉の意味について考えたことはあるだろうか。同様に、「キャリアアップ」という言葉についても、何を、どうすることがキャリアアップなのか、具体的なイメージはできているだろうか。ビジネスパーソンとして、「キャリア」というものを意識することはとても大切なこと。しかし、実は曖昧なまま使ってしまっていることも多いはず。今一度、あなた自身にとっての「キャリア」の意味を考えるために、独自のキャリアを積んできた2人の、「キャリア観」を紹介する。

転職経験12回」の山崎 元氏に聞く

これまでに経験した転職回数は、実に12回。25歳でファンドマネージャーという職を選択して以来、運用に関わる仕事を核にしたキャリアデザインを進めてきた。現在は楽天証券経済研究所で客員研究員を務めながら、経済全般やビジネスの分野でも活躍する山崎元氏に、自身の「キャリア観」について聞いてみた。

「キャリア」とは、人材価値を支えるもの

私はキャリアという単体の言葉ではあまり使いません。「キャリアプランニング」などの文脈の中で使うことが多いのですが、辞書的な意味の”職歴”に近いものとして「キャリア」を捉えています。しかし世間ではしばしば、”キャリア官僚”という言葉がまさにそうですが、一種の価値を帯びた言葉として使われています。

職業的な人材価値とは、「能力」と「実績」の2つによって評価されます。ある職業の仕事をこなせるだけの能力を身につけなくてはいけませんし、その能力を発揮して実績を作らなければいけません。どちらが欠けても、人材価値の高い人とはいえません。そして、能力を磨くことも実績を作ることも、それなりの時間を要します。私の考えでは、30代前半がビジネスパーソンとしての能力の最盛期です。その30代前半を、仕事を覚えた状態で迎えるためには、20代のうちから計画的・戦略的にキャリアプランニングについて考える必要があるでしょう。そのようにして育まれた人材価値を支える職歴が、「キャリア」ではないかと思っています。

自分の転職市場価値、知ってる?

最初からこのような人生設計をしたわけではない

リクナビNEXTが「今すぐの転職」「いつかの転職」に役立つポイント

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!