3Dプリンター、将来は一家に一台? 何かが始まる予感 (1/3ページ)

2014.2.2 12:07

 昨今テレビCMでも見かけるようになった3Dプリンター、紙でなく物体をコピーできたり、データから直接立体作品を作ったりできるそうだが、注目度が高いわりに、工業用以外で何に使うのかよくわからない。

 思えば、二十数年前、将来パソコンが一家に一台の時代が来ると言われたときも、ピンとこなかった。家でコンピューターなんて何に使うんだ、まさかそんな本格的なものが家に来るはずないと思ったら、今ではすっかり、なくてはならない家電のひとつになっている。

 3Dプリンターも、そのうち家にやって来るかもしれないので、今のうちに、打ち解けておこうと思う。

 というわけで、3Dプリントサービスを行っている東京・渋谷の「しぶや図工室」(http://shibuya.abbalab.com/)に伺った。

 繁華街にほど近いオフィスビル。シェアスペースとしても利用されている室内に入ると、広い作業台がまっ先に目に飛び込んでくる。その横には箱形のプリンターが何台も。まさに図工室という感じの雰囲気だ。

樹脂や金属、ゴムなどさまざまな材料に対応

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。