映画「白ゆき姫殺人事件」 中村義洋監督 程よい緊張感、原作に迫る (1/2ページ)

2014.3.29 09:40

「地方都市を舞台にした話が好き」と話す中村義洋監督(小野淳一撮影)

「地方都市を舞台にした話が好き」と話す中村義洋監督(小野淳一撮影)【拡大】

  • 地味な城野美姫(井上真央、左)は、華やかな三木典子(菜々緒)と同期入社

 口さがない世間の噂話。それがワイドショーやインターネットで拡散され、真実とは異なる情報によって当事者が追い詰められてゆく恐怖を描いた「白ゆき姫殺人事件」が29日、全国公開される。原作は人気作家、湊かなえさんの同名小説。「ゴールデンスランバー」(平成22年)など複雑な物語を鮮やかに描く名手、中村義洋監督(43)は「原作の面白さを損なわないよう心がけた」という。(櫛田寿宏)

 国定公園「しぐれ谷」で美人OL、三木典子(菜々緒)の焼死体が見つかった。複数の刺し傷があることから恨みを持つ者の犯行とみられ、テレビのワイドショー制作スタッフ、赤星雄治(綾野剛)は知人からの情報提供をきっかけに、この事件に興味を持つようになる。怪しい人物として浮上したのが、三木と同期入社の城野美姫(井上真央)だった。

 NHK連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを務めるなど、朗らかで華のある女性を演じることが多い井上だが、「オーラを消して、地味な感じになっていました」と中村監督。「彼女は脚本を相当読める人だから、役柄を深く理解して、相当の覚悟をして撮影に臨んだのでしょうね」と振り返った。

 赤星は城野の周辺の人物へのインタビューを重ねてテレビで放送する。赤星のリポートは局の内外で評価され、ネット上でも評判になるとともに、事件に関連する書き込みもどんどん増えてゆく。

照明スタッフからの提案に胸が熱く…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!