汗、足…夏の臭い対策 体調整え、制汗剤や消臭衣服など活用 (1/3ページ)

2014.6.22 18:07

 これから真夏日を記録する日が増え、汗をかくことも多くなる。雨の日に長靴などレインシューズを着用する人は蒸れた足の臭いも気になるもの。体臭に詳しい五味クリニックの五味常明院長に夏の臭い対策を聞いた。(油原聡子)

 ぬれタオルで

 暑くなるとまず気になるのが汗の臭いだ。五味院長は「本来、汗は体温を調節するために出ています。いい汗をかけば臭いもしませんよ」と話す。

 汗を分泌する汗腺は、汗をかくことによって機能が高まる。汗腺の機能が高いと、水のようなさらっとした、ほぼ無臭の汗が出る。水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚に出るので、すぐ蒸発し、乾く。

 一方、汗腺機能が低いと、臭い成分などが含まれるべたべたした、蒸発しにくい汗が出て、体臭の原因となる。食生活の乱れやストレス、運動不足で汗をかかないことなどが理由で、汗腺機能が落ちてしまうという。「汗腺機能は使えば回復します。夏本番に汗腺機能を高め、いい汗をかくためにも、今のうちからしっかりと汗をかいておくことが大切」(五味院長)。有酸素運動や湯船での入浴、腸内バランスを整える食事などを心掛ける。

足の臭い対策には制汗剤の使用も効果的

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。