外科手術なしで「鼓膜再生」 細胞を活性化、3週間で聴力回復 (2/3ページ)

2014.8.9 17:08

中耳炎で、50年間穴が開いたままとなっていた89歳男性の鼓膜

中耳炎で、50年間穴が開いたままとなっていた89歳男性の鼓膜【拡大】

  • 3カ月後、鼓膜はきれいに再生(金丸真一医師提供)

 新しい鼓膜再生療法は、北野病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科の金丸真一医師(59)が平成19年に開発。鼓膜は再生しやすいという特徴に着目、長期間破れたままになっていた鼓膜でも条件を整えれば、3週間ほどでほぼ正常に再生することが分かり、治療に応用した。

 治療はまず、穴の縁に傷をつけ、鼓膜のもとになる細胞を活性化させる。栄養因子「b-FGF」を含ませたゼラチンスポンジで穴をふさぎ、外部と遮断するため、「フィブリン糊(のり)」でカバー。10分程度の施術直後から正常に近い聴力が回復するという。3週間後に糊をはがし、完全に再生していない場合は、何度か繰り返す。

 金丸医師が統計を取ったところ、破れた部位が狭い場合は3回以内に約95%の患者で完全に鼓膜が再生。広範囲に穴が開いていた場合でも4回以内に約83%が成功し、聴力を回復した。

30年の悩み解決

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。