開発進む新タイプの補聴器 第3の経路「軟骨伝導」に注目 (1/3ページ)

2014.11.30 07:24

 高齢化の進展に伴い、難聴者が使う補聴器の需要が増えている。そうした中、耳の軟骨を振るわせることで、音声をはっきりと伝える「軟骨伝導」という新たな方式の補聴器の開発が進み、注目を集めている。(坂口至徳)

 音圧増強効果

 音を聴く仕組みは、まず音が空気を震わせてその振動が鼓膜に伝わり、内耳の蝸牛(かぎゅう)部分で信号として神経に伝えられて脳で音として認知される。

 補聴器により音声を聞き取る仕組みは、2種類が知られる。補聴器によって増幅された音が鼓膜を振るわせる「気導経路」と補聴器の音声を振動に変換する振動子を頭蓋骨に当てることにより骨の中を通って、耳の奥の内耳に到達する「骨導経路」だ。

 これに対し、現在開発が進む軟骨伝導は「第3の経路」となる。骨導経路のように硬い頭蓋骨ではなく、耳を形作る柔らかい軟骨を振わせて外耳道内に音を発生させる。細井裕司・奈良県立医科大学長が平成16年、軟骨に振動子を当てると、骨導経路とは聞こえ方が異なることに気づいたことがきっかけだ。

耳掃除のときに綿棒でこする音が大きく聞こえるのは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。