【書評】『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著 (2/2ページ)

2014.12.13 16:34

『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著(リトルモア・1200円+税)

『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著(リトルモア・1200円+税)【拡大】

 この詩集の中では、渋谷の街が語られたと思ったら次の瞬間には遠くにある惑星の話が始まっているというようなことが頻繁に起こる。2013年の世界を語ると同時に、2千年後の未来を想像したりもする。いわばそこでは空間も時間も関係なく、ただ言葉だけが蠢(うごめ)くことになるのだが、愛と死の距離を測ろうとする真剣な眼差(まなざ)しがあるからこそ詩的世界は常に引き締まったものとして立ち現れる。

 この詩集は、私たちにとって無関係な世界の記述では決してない。言葉がもたらす幸福も哀(かな)しみも、向けられる対象は「きみ」なのである。だからこそ私たちは、語られる世界を愛しく思い、そこに寄り添うことができるのだ。(リトルモア・1200円+税)

 評・坂上秋成(作家・文芸批評家)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。