3年間で50本…なぜAV女優に? インテリ家族、東大院修了…異色の経歴 (4/7ページ)

2015.10.10 17:12

社会学者 鈴木涼美氏

社会学者 鈴木涼美氏【拡大】

 【鈴木】たとえばいろんなテーブルに「あの子がいると盛り上がるからちょっと呼んでよ」って言われるんだけど、お客さんの本命が別のコだと、本指名じゃないから稼げないんです。

 【田原】ちょっとお聞きしたいんだけど、稼ぎたいなら売春したほうがきっと儲かりますよね。実際、当時は援助交際が流行して社会問題化していた。でも、キャバクラで働いているコたちはプライドがあって、売春とは一線を画したいのかな。

 【鈴木】どうかなあ。少なくても私は区別しているつもりはなかったです。実際、枕営業もしてたし、それが売春かどうかって微妙じゃないですか。ただ、一般的に売春となると、何かトラブルがあったときに守ってもらえないリスクがあります。それに、売春が本当に悪いことかどうかは置いといて、法律で禁止されていることをやるのはいろいろと面倒だという気持ちもありました。そう考えると、キャバクラと売春をとくに区別はしないけど、あえて売春で食べていこうとは思わなかったですね。

 【田原】なるほど。ところで、キャバクラがおもしろかったなら、どうしてそっちに専念しなかったのですか。大学に通ってても仕方がない。

【田原】鈴木さんは器用なんだろうね。慶応受けたら受かっちゃうし…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。