サイトマップ RSS

露とEUのウクライナ綱引き延長戦へ (1/4ページ)

2013.11.27 11:00

ウクライナ・首都キエフ

ウクライナ・首都キエフ【拡大】

  • 関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ)

 【国際情勢分析】

 旧ソ連のウクライナが今月、欧州連合(EU)加盟に向けた大きな一歩となる連合協定(AA)の締結を直前になって取りやめた。ロシアが自国陣営にウクライナを取り込もうと圧力を強めていた経緯があり、経済的苦境にあるウクライナは当面、ロシアとの関係を重視することが得策と判断した。だが、「東か西か」で揺れたウクライナの帰趨(きすう)が、これで決まったわけではなさそうだ。

 経済逼迫で「東」向き

 ウクライナは今月(11月)28、29日にリトアニアで開催されるEUと旧ソ連諸国との東方パートナーシップ首脳会合で、自由貿易協定(FTA)を柱とするAAへの調印を目指していた。人口4500万人を擁する旧ソ連第2の大国ウクライナとEUの相互市場開放は、双方にとって魅力的だと考えられてきた。

 しかし、ウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ政権は11月21日になって突然、AA締結に向けた作業を停止し、ロシアとの経済関係を発展させる方策をとると発表した。EUのヘルマン・ファンロンパイ大統領(66)と欧州委員会のジョゼ・バローゾ委員長(57)は25日、ロシアがウクライナに圧力をかけていたことを踏まえ、「ロシアの立場と行動は全く容認できない」と共同声明で非難した。

ロシア 2015年にも共通の経済・通貨政策を伴う「ユーラシア連合」発足させたい考え

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ