サイトマップ RSS

震災後の「未来」へ 世界中から集う作品 「手から手へ展」 (1/4ページ)

2014.3.24 16:35

 【アートクルーズ】

 みんなで考えること

 東日本大震災から3年が経過したこの時期に、京都国際マンガミュージアムで、「手から手へ展~絵本作家から子どもたちへ 3.11後のメッセージ~」が5月18日まで開催されている。

 関連イベントの講演会&ドローイングが3月2日、開かれた。イベントは「チェルノブイリからフクシマまで」をテーマに、出展作家のスズキコージ、田島征彦、市居みか、あおきひろえ、青山友美、植田真、そして写真家・映画監督でチェルノブイリを舞台にした作品を手がける、本橋成一を迎えた。

 ライブドローイングでは大きなパネルに出展作家たちが共同制作した。みるみるうちに仕上がっていく作品を、観客は食い入るように見学。生き生きとした作品が完成した。

 イベント中で話した出演者の言葉を紹介する。「震災復興や原発のことを考えなければいけないはずなのに、これだけの人が集まって、エアコンをつけ、電気を使って、決して環境に良くない絵の具で絵を描くイベントをするなんて、ばかげているんじゃないかとさえ思う。けれど、こうして集まることで震災のことをもう一度考えるきっかけになることは確かだし、難しい問題ではあるけれど、分からないなりにみんなで考えたということも大きなことなのではないか」

離れた故郷を思う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ