サイトマップ RSS

G7首脳会談 「ロシアのG8参加停止」を採択 G7と対立 「新たな冷戦時代」に突入 (4/5ページ)

2014.3.26 10:15

  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • オランダ・ハーグ

 ロシアはクリミア併合を撤回する考えは微塵(みじん)もなく、G7側では、悲観論が台頭している。マクフォール前駐露米大使は3月24日、「プーチン大統領は西側との対立を求めている」とする論文を米紙に寄稿。スウェーデンのビルト外相も、「民族主義に根ざした保守強硬派がロシアを支配している」と嘆いた。

 ただ、米ソという超大国によるの東西冷戦時代とは異なり、ロシアと欧米の間には経済的な相互依存関係が構築されており、欧米側にも大きな打撃が及ぶ。制裁を受けたロシアは、中国やインドなど新興大国との関係強化で生き残りを図るものとみられ、新たな冷戦には「一方的な勝者はいない」との意見が欧米メディアや識者の間で広がっている。

 先の外交筋は、「欧米とロシアによる駆け引きで、漁夫の利を得るのは中国である可能性が高い」と指摘しつつも、「G7は各国の国益に沿いながら、結束して対抗する以外に道はないのではないか」としている。(SANKEI EXPRESS

ハーグ宣言の骨子

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ