サイトマップ RSS

【This Week】(5月12~18日) 首席交渉官会合 TPP早期妥結へヤマ場 (1/2ページ)

2014.5.12 10:30

 日米など12カ国が参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉が、5月12~15日にベトナム・ホーチミンで開催される首席交渉官会合を振り出しに始まる。日米協議が、安倍晋三首相(59)とバラク・オバマ大統領(52)による4月の首脳会談を機に進展したことにより、12カ国の全体交渉を推進する機運は高まりつつある。早期妥結に向けたヤマ場を迎えそうだ。

 TPP交渉は、ベトナム、マレーシアなど新興国と米国の間で意見の隔たりが埋まらない知的財産や国有企業などの扱いが難航している。各国が着地点を見いだして「大筋合意」できるのかが最大の焦点だ。2国間を中心に交渉する関税協議も多くの対立点が残る。

 鶴岡公二首席交渉官は(5月)10日、ホーチミンへの出発前に成田空港で記者団の取材に応じ、TPP交渉に関し「まだ課題が相当残っていることは事実だが、取りまとめに向けて積極的に動きたい」と意気込みを示した。

 首席交渉官会合の後、17、18両日に中国・青島で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易相会合にも、TPP交渉に参加する各国の閣僚が集結する。閣僚らは貿易相会合を終えた後、TPP交渉に参加していない中国から、比較的近いシンガポールへ移動し、19、20両日に閣僚会合を開く予定だ。

TPPの交渉方式とは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ