サイトマップ RSS

ソニー崖っぷち 成長戦略見えず (2/4ページ)

2014.5.23 09:40

「構造改革をやりきる」との宣言とともに、2014年度の経営方針を発表するソニーの平井一夫社長=2014年5月22日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)

「構造改革をやりきる」との宣言とともに、2014年度の経営方針を発表するソニーの平井一夫社長=2014年5月22日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

  • ソニーが発表した経営方針のポイント=2014年5月22日

 ただ、そうした改革だけで電機部門が黒字に戻るかは予断を許さない。

 テレビは1600万台(14年3月期は1350万台)の販売を見込むが、力を入れる「4K」テレビは価格下落が加速。「プレイステーション4」が好調なゲームも、米マイクロソフトが値下げで対抗するなど取り巻く環境は厳しい。

 娯楽、金融も本業

 一方で、平井社長は「娯楽、金融もソニーにとって本業だ」と強調。16年3月期以降、電機は「売り上げを拡大するより収益を追う」と述べた。

 期待するのが、市場拡大が見込めるインターネットを使ったビジネスだ。スマホやテレビなどへの音楽・映画配信、ゲームの課金など、グループに電機や音楽・映画部門を持つ強みを生かす。ただ、現在の売り上げ規模は2000億円程度で、「成長エンジン」に育つには時間がかかる。

 市場では構造改革に「踏み込みが足りない」(証券アナリスト)との声は少なくない。今回の経営方針説明会に関係者には「サプライズがないのがサプライズ」と厳しい見方もある。

 ライバルが事業拡大を打ち出す中、ソニーは成長戦略の手前で立ち止まっている状況で、就任3年目を迎えた平井社長は崖っぷちに立っている。

平井社長 事業売却やリストラは年度内に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ