サイトマップ RSS

【ブラジルW杯】厳しい船出「次こそ勝利を」 日本、初戦は逆転負け 本田先制弾も実らず (2/3ページ)

2014.6.16 00:07

【ブラジルW杯】1次リーグ勝敗表(C組、D組)=2014年6月15日現在、※日時は日本時間

【ブラジルW杯】1次リーグ勝敗表(C組、D組)=2014年6月15日現在、※日時は日本時間【拡大】

  • 【サッカーW杯ブラジル大会】日本代表=2014年5月12日、※カッコ内は所属、W杯代表選出歴、□内はW杯代表選出回数
  • 【ブラジルW杯】日本代表のベースキャンプ地と試合日程[1次リーグ]=2014年6月、※開始時間は予定、現地時間。カッコ内は日本時間
  • 2014年サッカーW杯ブラジル大会出場チーム=2013年11月20日(ウルグアイ時間)、※□数字は出場回数。ドイツは旧西ドイツを含む
  • 2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会(サッカー)の公式マスコット「フレコ(Fuleco)」。フレコはポルトガル語でサッカーを意味する「futebol」と、エコロジーを意味する「ecologia」を組み合わせた造語。ブラジルの固有種で、絶滅の恐れがあるミツオビアルマジロを採用した。
  • サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会=2014年6月12日~7月13日

 不調が指摘されながらも、最大の見せ場をつくった本田はゴールの瞬間、どうだと言わんばかりの表情で左腕に力を込め、指を突き上げた。ゴールキーパーが反応できないほどの、目が覚めるようなシュートを決めると、精神的支柱ともいえる存在をチームメートが取り囲んだ。

 しかし、逆転され、試合終了の笛を聞くと本田は一人、ベンチに向かった。相手と健闘をたたえ合う仲間に背を向け、そのまま帰りそうな勢いだった。スタッフに促され、サポーターへのあいさつには加わったが、全身から不満を発散した。

 「気を引き締めて」

 28歳の誕生日だった13日。宿舎で選手、スタッフが祝ってくれた。誕生日の翌日に得点したのは前回大会の初戦、カメルーン戦と同じだった。稲本潤一(34)と並んでいた日本人選手のW杯通算得点で単独最多となる3点目。2大会にまたがる得点は本田が初めてだったが、今回の結末は勝ち切った前回とは違った。後半はみるみるプレーの質が落ち、ミスも増えた。後半19分の同点ゴールは、本田が自陣でボールを奪われたのがきっかけだった。

香川シュートゼロ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ