サイトマップ RSS

ネットから消えた“黄金のカエル” 江沢民氏似で盛り上がり…当局検閲 (1/4ページ)

2014.7.25 10:08

  • 中国・首都北京市

 北京の公園に登場した「黄金のヒキガエル」と名付けられた巨大なオブジェについて、中国ネット市民が、江沢民元国家主席(87)に似ていると書き込み、盛り上がりをみせたところ、当局のネット検閲によってカエルの記事がたちどころに削除される事態となった。

 中国では昨年(2013年)、オランダ人芸術家の作品である巨大な「黄色いアヒル」が大人気となり、各地に偽アヒルが氾濫。今回のカエルもモチーフを変えただけの模倣作品なのは明らか。何でもパクリ放題の一方で、ネット上では表現の自由が許されない中国の姿を浮き彫りにしている。

 「アヒル」パクった?

 「黄金のヒキガエル」は7月19日から、桜の名所で知られる北京の玉淵潭(ぎょく・えんだん)公園の池に浮かべられ、展示されている。フランス通信(AFP)や英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などによると、浙江省寧波市(せっこうしょうねいはし)出身の芸術家ゴウ・ヨンヤオ氏が製作した。

世界各地を回っているラバー製の巨大な「黄色いアヒル」にそっくり

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ