サイトマップ RSS

【エボラ出血熱】「万が一」列島警戒 厚労省 空港での検疫強化、医療機関も研修 (1/3ページ)

2014.10.22 09:30

関西国際空港の検疫検査場で、エボラ出血熱の水際対策としてサーモグラフィーで体温を検知する担当者=2014年10月20日、大阪府泉佐野市(甘利慈撮影)

関西国際空港の検疫検査場で、エボラ出血熱の水際対策としてサーモグラフィーで体温を検知する担当者=2014年10月20日、大阪府泉佐野市(甘利慈撮影)【拡大】

  • エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在
  • 米テキサス州ダラス郡
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表
  • 8月8日、スイス・ジュネーブでエボラ出血熱感染について記者会見する世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長=2014年(ロイター)

 西アフリカで流行するエボラ出血熱について、米国で看護師2人が二次感染したことが国内の医療関係者にも衝撃を与えている。原因は調査中だが、医療水準の高い先進国で起きた二次感染はひとごとではない。厚生労働省は21日、ウイルス流入を防ぐため、空港での水際対策を強化。医療機関も研修を行い、「万が一」に備えている。

 高熱の人間を検知

 現地報道などによると、リベリア人男性は9月20日に米国に入国。26日に体調不良を訴えて受診したが、抗生剤を処方されて帰宅し、ダラス市内の大規模病院に搬送されたのは9月28日だった。男性はその後、エボラ出血熱で死亡した。

 エボラ出血熱は患者を早期に発見、治療することが生存率を上げるとされ、二次感染の予防にもなる。

 エボラは現在、ギニア、シエラレオネ、リベリアの西アフリカ3カ国で流行。セネガルとナイジェリアにも広がったが、この2カ国の流行は終息した。しかし、米国とスペインでは患者の治療に当たった看護師計3人が二次感染する事態になった。

渡航歴の確認徹底

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ