サイトマップ RSS

危険度増すアフガン 首都でテロが激化 (4/4ページ)

2014.12.5 10:45

11月27日、首都カブールで自爆テロを受けた英国大使館の車両の残骸。5人が死亡、30人余りが負傷した=2014年、アフガニスタン(ロイター)

11月27日、首都カブールで自爆テロを受けた英国大使館の車両の残骸。5人が死亡、30人余りが負傷した=2014年、アフガニスタン(ロイター)【拡大】

  • アフガニスタン・首都カブール
  • アフガニスタン・ヘルマンド州
  • アフガニスタン・クンドゥズ州

 ISAF撤収後の来年以降、米国は9800人に規模を縮小し、NATO全体で外国部隊の駐留規模は約1万2000人程度になる見通しだが、米国はアフガンが部隊撤退後にイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の増長を許したイラクの二の舞いになることを強く警戒している。

 このため、米メディアによれば、来年以降、当初予定していたアフガン治安部隊の支援中心の任務に加え、空爆などタリバン掃討作戦を継続する方針だ。ロイター通信は、駐留規模が予定されていた9800人よりも数百人増えると報じている。

 バラク・オバマ米大統領(53)は2016年末までの米軍完全撤退を表明しているが、それまでには、紆余(うよ)曲折があるかもしれない。(ニューデリー支局 岩田智雄(いわた・ともお)/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ