サイトマップ RSS

米国98兆円…高級ブランド狙う同性愛者市場 ティファニーが男性カップル起用 (1/4ページ)

2015.1.13 10:00

首都ローマで開かれた同性婚をテーマにしたファッションショー。ファッションブランドを中心に同性カップルをターゲットにした広告などが活発化している=2014年10月23日、イタリア(AP)

首都ローマで開かれた同性婚をテーマにしたファッションショー。ファッションブランドを中心に同性カップルをターゲットにした広告などが活発化している=2014年10月23日、イタリア(AP)【拡大】

  • ニューヨークのティファニー本店

 創業178年の米老舗宝飾品ブランド、ティファニーが初めて広告写真に同性カップルを起用し注目を集めている。世界各国で同性婚を合法化する動きが広がるなか、米国ではアパレル最大手のGAPやサングラスのレイバンなどファッションブランドを中心に同性カップルの広告起用が活発化。「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)」といった「多様な性」を支持する姿勢を打ち出すと同時に、米国内で年8300億ドル(約98兆円)に上るとも試算される巨大なLGBT市場を取り込みたいとの思惑もある。

 「真の愛は多様な形態から」

 「今の時代、結婚への道のりはもはや直線的ではありません。真の愛というものは、多様な形態の愛の物語から生まれるものなのです」

 婚約指輪の広告写真に男性同士のカップルを起用したティファニーの北米PR部門の副社長、リンダ・バックリー氏は1月9日付の仏ファッション誌エル(電子版)で、性の多様化についてこう指摘。「わが社の婚約指輪は彼らが生活を共に創出するための物語の最初の一文であり、そうしたメッセージを今回の広告写真で知ってほしかった」と、その狙いを説明した。

自宅のソファなどを舞台に7組のカップルが登場しうち1組が男性同士のカップル

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ