サイトマップ RSS

米国98兆円…高級ブランド狙う同性愛者市場 ティファニーが男性カップル起用 (2/4ページ)

2015.1.13 10:00

首都ローマで開かれた同性婚をテーマにしたファッションショー。ファッションブランドを中心に同性カップルをターゲットにした広告などが活発化している=2014年10月23日、イタリア(AP)

首都ローマで開かれた同性婚をテーマにしたファッションショー。ファッションブランドを中心に同性カップルをターゲットにした広告などが活発化している=2014年10月23日、イタリア(AP)【拡大】

  • ニューヨークのティファニー本店

 米メディアによると、広告写真はドイツの有名ファッションカメラマン、ピーター・リンドバーグ氏(70)が撮影した。

 建物の屋上や走行中のオープンカー、自宅のソファなどを舞台に7組のカップルが登場しうち1組が男性同士のカップル。ニューヨークの住宅の玄関の階段に座っている白黒写真の2人は私生活でもカップルだという。子供を連れて結婚式に臨むカップルの写真もあり、多様な家族の形態が広がっていることも表現した。

 米ファッションブランドではニューヨークに拠点を置くJ・クルーが、2011年に初めて同性カップルを広告に起用したとされる。バラク・オバマ大統領(53)が歴代大統領として初めて同性婚を支持した12年には、カジュアルウエアのGAPとサングラスのレイバンが追随した。

レイバンは「NeverHide(決して隠さない)」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ