サイトマップ RSS

コツコツと頑張った先に幸せがある 映画「娚(おとこ)の一生」 榮倉奈々さんインタビュー (1/3ページ)

2015.2.13 14:05

「描かれている世界がとても美しく、私自身その中で生きられたことがとてもうれしかった」と語る、女優の榮倉(えいくら)奈々さん=2014年12月17日、東京都港区(蔵賢斗撮影)

「描かれている世界がとても美しく、私自身その中で生きられたことがとてもうれしかった」と語る、女優の榮倉(えいくら)奈々さん=2014年12月17日、東京都港区(蔵賢斗撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「娚(おとこ)の一生」(廣井隆一監督)。2月14日公開(スキップ提供)

 昨日27歳になったばかりの榮倉(えいくら)奈々が主演映画「娚(おとこ)の一生」(廣木隆一監督)で、二回り以上も年上の男性との大人のラブストーリーに挑んだ。原作は西炯子(けいこ)の同名コミックで、不倫関係に苦しんできた元OLと、謎めいた大学教授の不思議な共同生活が情感たっぷりに描かれている。榮倉は「原作の主人公よりも少し年下ですが、年齢に関係なく働く女性だったら誰もが理解できる心情をシンプルかつ丁寧に表現するよう心がけました」と振り返った。

 東京のIT企業で激務の日々を送っていたOLのつぐみ(榮倉)は、かつて亡き祖母が暮らしていた田舎の広い空き家に引っ越し、自給自足的な簡素な生活スタイルに切り替えた。ある日、つぐみの祖母を慕う52歳独身の大学教授、海江田(豊川悦司)が訪れ、半ば強引に住み着いてしまう。

 原作は年配男性に心をときめかせ、積極的に恋愛対象として求めていく「枯れ専女子」の必読の書などと、とかく括(くく)られてしまいがちだが、榮倉はこうした鑑賞スタイルに強い違和感を示したうえで、自身の恋愛観をこう説明した。「ふと気付けば『寄り添いたい』と思える相手が近くにいた-ということが羨(うらや)ましいですね。先にゴールを設定してしまうと、その通りにならなかったときに悲しいし、それこそ不幸です。目の前にあることをコツコツと頑張った先に幸せがあるのだと思います」

「独特な濡れ場」に緊張

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ