サイトマップ RSS

【カフェ銃撃】デンマークで連続銃撃 7人死傷 「預言者風刺」再びテロ標的 (3/3ページ)

2015.2.16 00:00

銃撃事件の現場検証を受けるデンマーク・首都コペンハーゲンのカフェ。窓には約30発の弾痕が生々しく残っていた=2015年2月14日夜(ロイター)

銃撃事件の現場検証を受けるデンマーク・首都コペンハーゲンのカフェ。窓には約30発の弾痕が生々しく残っていた=2015年2月14日夜(ロイター)【拡大】

  • スウェーデンの風刺画家、ラーシュ・ビルクス氏=2012年1月(ロイター)

 ユダヤ教会に発砲…射殺

 シナゴーグはカフェから約3キロ離れ、銃撃は15日午前1時ごろ発生。深夜にもかかわらず、施設内ではユダヤ教の少女の成人式に当たるセレモニー「バトミツヴァ」が行われており、約80人のユダヤ人らがいた。男はカフェの場合と同様に施設の外部から発砲、流れ弾に当たった38歳の男性が死亡し、警察官2人が負傷した。警官が男の行方を追っていたところ、15日午前5時(日本時間15日午後1時)ごろ、監視カメラに写った犯人に似た男を現場近くの駅付近で発見。職務質問したところ、発砲してきたため射殺した。男の風貌は中東系で、年齢は25歳から30歳ぐらいという。

 ビルクス氏に対しては、過激派組織「イスラム国」の母体となった「イラク・イスラム国」が07年9月、殺害した者に報奨金を与えるとの声明を出している。また、テロを監視する米企業「インテルセンター」によると、国際テロ組織アルカーイダ系武装組織「アラビア半島のアルカーイダ」は10~14年に発行した機関誌で、ビルクス氏ら13人を「暗殺対象」と名指ししている。相次ぐ殺害予告を受け、ビルクス氏は就寝時には常時、おのをそばに置いているとされる。

 デンマークでの銃撃事件を受け、フランスのフランソワ・オランド大統領(60)は14日、即座にデンマークへの「連帯」を表明。ベルナール・カズヌーブ仏内相(51)の現地派遣を決めるなど迅速な対応をみせた。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ