サイトマップ RSS

【USA! USA!】(15)フロリダ州ケープカナベラル 「最良の宇宙港」 火星へ夢乗せて (1/4ページ)

2015.3.10 10:00

ケネディ宇宙センターの見学者用施設で、宇宙服姿のスタッフと記念写真を撮る観光客=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラル(早坂洋祐撮影)

ケネディ宇宙センターの見学者用施設で、宇宙服姿のスタッフと記念写真を撮る観光客=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラル(早坂洋祐撮影)【拡大】

  • 曇り空の下、打ち上げられる大型ロケット「デルタIVヘビー」。次世代宇宙船「オリオン」の無人試験機を積んでいる=2014年12月5日午前7時5分、米フロリダ州ケープカナベラル(早川洋祐撮影)
  • 2011年のラストミッション帰還当時のまま展示されている、スペースシャトル・アトランティスのオービター(軌道船)。すすけた胴体や焦げた船底の耐熱タイルが、33回にわたる宇宙ミッションの過酷さを伝える=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センター(早川洋祐撮影
  • 全高110メートルの宇宙ロケット「サターンV」(上)とアポロ宇宙船(下)。展示品は実際に使われたものや予備機などの「本物」ばかりだ=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センター(早川洋祐撮影)
  • 国際宇宙ステーションを描いた壁画。計画に参加している各国の国旗も飾られている=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センター(早川洋祐撮影)
  • NASA(米航空宇宙局)のロケット組み立て工場。バスツアーで車窓から見ることができる=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センター(早川洋祐撮影)
  • 1969年7月20日のアポロ11号による人類初の有人月面着陸の成功を伝える世界各国の新聞がならぶ=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センター(早川洋祐撮影)
  • 米国人のアラン・シェパード宇宙飛行士が、アポロ14号搭乗時に使用した宇宙服。実際に月面歩行にも使用された「本物」が醸し出す雰囲気に、思わず見入ってしまう=2014年12月7日、米フロリダ州ケープカナベラル(早坂洋祐撮影)
  • 米フロリダ州ケープカナベラル
  • 知られざるアメリカを紹介する公式ガイドサイト。ディスカバー・アメリカ(提供写真)。www.discoveramerica.jp

 昨年12月5日、大西洋に面したフロリダ半島の小都市ケープカナベラル。夜明けからまもない午前7時5分、曇った空と地面の境目からオレンジ色の炎を噴射するロケットが音もなく姿を見せると、海沿いの公園でみつめる見学者たちから大きな歓声が湧いた。ロケットは30秒ほどで雲の中に姿を消した。と思ったら、その直後、ロケットのエンジンが吐き出す轟音(ごうおん)が一帯に響き渡った。

 米航空宇宙局(NASA)で、ロケットの打ち上げを担当するケネディ宇宙センターは、山手線内側の面積の9倍近い567平方キロの広大な敷地に、複数のロケット発射台、ロケット組み立て施設、管制センターなどが点在する。赤道に比較的近いため地球の自転速度を最大限に利用してロケットを打ち上げることができ、米国で最良の「宇宙港」となっている。

 この日、センターに隣接するケープカナベラル空軍基地37番発射台から打ち上げられたのは、次世代の有人宇宙船「オリオン」の無人試験機。天候や機械トラブルで打ち上げ日は1日延びたが、宇宙ロケット「デルタIVヘビー」で打ち上げられたオリオンは予定通り高度5800キロ地点まで到達。地球を2周した後に大気圏に再突入して太平洋に着水し、実験は成功に終わった。

地球に帰還 「本物」が目の前に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ